不動産

建売とは

建売とは

①建売とは?

建売住宅とは、その名の通り「建ててから土地・建物を売る」というタイプの住宅の事を言います。
売建住宅は「宅地を売ってから家を建てる」という形式なので真逆の物と思われがちですが、最近は建売住宅でも建設途中で販売されるケースが増えてきているので、この辺りの境目はあやふやになってきています。
良くあるケースでは、まず不動産会社が建物を建てる前に売建住宅として販売し、その後期間内に売れなかった場所に建物を建てて建売住宅として販売する事が多いです。
そう言うと売れ残りみたいな印象を感じてしまうかもしれませんが、建売住宅には建売住宅のメリットもたくさんあるんです。

②建売のメリット

建売とは

建売の一番のメリットは、これから住む家やその土地に建つ建物のイメージが一目で分かるという点です。
売建住宅などでは実際に住む家がまだ建てられていない訳ですから、実際に家が建った後に「イメージと違う」なんて問題も起きやすいのがネックです。
その点、建売住宅だと建てられた物件を直接目で見て選べるため、理想と現実のイメージのズレは小さくなります。
また、建売住宅は購入者の要望によって図面や建材を変える必要が無い分、土地と建物を別々に購入したり、注文住宅を建てるよりずっと費用が安く済むのも大きなメリットです。

③建売のデメリット

建売の物件は購入者が後からデザインを変更する事ができない…というか、もし変更するなら購入後に自分でリフォームするしかないので、自分の思い通りに建物をデザインしたいという方にはやや不向きです。
ただし、中には建物の建設途中で売りに出されている物件もあるので、その場合は外観などのデザインに少し変更を加える事ができる場合もあります。
とは言え、多くの場合はすべての建材の発注が終わった後だったりするので、もしデザインの変更を希望する場合には、事前に不動産会社に確認を取っておくのがオススメです。

④建売分譲とは

建売分譲は不動産会社が広い土地を一括で購入し、インフラ整備と住宅などの建物を建てた後で1戸ずつ個別に販売していく形態の物を指します。
基本的には建売住宅と同じように考えてもらって構いませんが、建売分譲の場合はその広大な土地がきれいに区画整備されるのが大きなメリットです。
同じような建物ばかりになるというのは、住宅にオリジナリティを求める方にはデメリットにもなりますが、その不動産価値しては個別の建売住宅よりも高くなる可能性が高いです。
何にせよ、確実にそちらの方が土地の景観には優れるので、新築できれいな住宅に加え、その土地の住みやすさなども追求したい方は、建売分譲の物件を検討してみるのも良いでしょう。