不動産

売り建てとは?

売り建てとは?

①売り建てとは?

簡単に言えば、売り建てとは「土地を購入した後で建物を建築する」という不動産物件の購入方法の事を指します。
この点は注文住宅と良く似ていますが、注文住宅は間取りや設備などを購入者側が自由に設定できますが、売り建ての場合は施工業者によって建てられる建物の形がほとんど決まっています。
また、施工は不動産が指定した業者が行い、原則購入者が施工業者を指定する事はできず、建物の設計などもあらかじめ用意されたモデルの中から選択する事になります。
簡単に言ってしまえば、建て売りと売り建ての違いは「建物が既に出来ているか出来ていないか」といった程度のものです。

②売り建てのメリット

売り建てとは?

売り建ての一番のメリットは、購入者が(多少ですが)デザインに注文を付ける事ができます。
建築に使う建材などはほぼ決まっているので変更は難しい事もありますが、施工会社が提示した商品モデルから選べる範囲の物であれば自由にデザインを更する事が可能です。
また、建設途中の建物や建築工程をチェックする事もできるので、欠陥住宅などを売りつけられてしまうリスクを回避する事にも繋がります。
同じ後から建物を建てる方法では、注文住宅より費用が安くなるケースがほとんどなので、「一から十まで自分で決めなきゃ気が済まない!」という方で無い限りは、多くの場合で売り建ての方がコストパフォーマンスが良くなるでしょう。

②売り建てのデメリット

建物のデザインなどがある程度自由に変更できるとは言っても、間取りや建物の仕様自体を自由に決められる訳ではありません。
あくまでも基本的な図面と使う建材は決まっており、自治体等への確認申請もその通りに済ませた後なので、選べるパターンは決められた範囲に限られてしまいます。
ただし、この点は不動産会社に相談する事で施工会社を変更できたり、自分の好きなデザインの建物を建てたりする事もできなくはありません。
ただし、その場合は施工業者変更の手数料や違約金などを支払わなければいけない可能性が高いため、必ず事前に不動産会社に確認しておくようにしましょう。

③建築条件付き土地とは

売り建て物件の中には「売り建て」ではなく「建築条件付き土地」という名前で売りに出されている宅地もありますが、基本的な意味は同じです。
これはその宅地を購入してから一定期間の内に建物(住宅)を建てなければいけないという意味ですが、普通は売り建ての土地を購入した時点で建物の施工が開始されるため、あまり気にする必要はありません。
逆に言えば、建物を建てる予定が無い場合に「建て売り」「建築条件付き」の土地を購入するメリットは殆ど無いでしょう。