沖縄不動産情報

北谷に住む外国人の賃貸住宅を調べてみた!

沖縄の不動産は投資しやすいか?

沖縄の北谷は米軍基地に近い場所のため、外国人がたくさん生活しています。それでは、外国人が一体どういった住まいで生活しているのか気になるでしょう。そこで、北谷の外国人はどんな賃貸住宅を利用しているのか紹介します。

 

1.北谷には外人住宅がたくさんある

北谷に住む外国人の賃貸住宅を調べてみた!

沖縄は戦後に米軍基地が設置されてアメリカ人がたくさん生活するようになりました。その際に外国人であるアメリカ人の暮らす場所を設けることになり、外人住宅が建てられたのです。外人住宅は外国人の文化や好みに合わせて建てられたものであり、日本の住宅とは異なる点がたくさんあります。そんな外人住宅は今でも存在していて、賃貸物件として貸し出されることが多く、外国人だけではなく日本人でも利用するケースがあるのです。

 

2.北谷にある賃貸の外人住宅の種類

北谷で外国人に賃貸として提供されている外人住宅の種類を大きく分けると下記の3つがあります。

・戸建てタイプ

・アパート・マンションタイプ

・デュープレックスタイプ

 

戸建てタイプは一戸建てのことであり、ファミリー層から独身層まで幅広い外国人から需要があります。外人住宅の戸建ては四角い形をしていて、屋根は平らであり、1階建ての平屋の物件が多いです。広々とした庭がついていて、ペットや子供を遊ばせたり、パーティーを開いたりすることができます。戸建てタイプの中は広々とした空間が広がっていて、さまざまな家具を設置することができ、外国人から喜ばれています。

 

アパート・マンションタイプの外国人向け住宅は独身層から人気です。戸建てよりも家賃は安くなっています。高層階であれば、沖縄の美しい海や緑を眺めてリフレッシュすることができます。アパート・マンションについては、間取りが広めであり、設備も充実している物件が人気です。そのため、見た目から間取りまで、日本で一般的なアパート・マンションとは異なっています。

 

デュープレックスタイプとは連棟式住宅のことです。建物同士が壁を隔てて隣接しています。基本的には戸建てのような感覚で生活することができ、戸建てに近い存在です。ファミリー層からも人気を集めています。

 

3.北谷の外国人向け賃貸住宅の家賃

米軍人の場合は家賃手当が出されていて、それによって賃貸住宅の家賃を支払っています。低い階級であっても10万円以上の家賃補助が毎月支給されるのです。そして、北谷にある物件の家賃は、安いところだと家賃が10万円を切る物件があり、高いところだと30万円や40万円ほども家賃がかかります。それでも、米軍人は家賃手当が恵まれていて、給与も高いため、それほど家賃を気にせずに賃貸を借りている外国人が多いです。

 

4.北谷で外国人が暮らす賃貸物件の特徴

外国人がこだわっている要素が整った物件は人気が高くて、多くの外国人が生活しています。まず、基本的に室内はできるだけ広い物件の方が好まれます。そのため、北谷で外国人の暮らす部屋はどれもとても広いスペースがあるのが特徴です。アメリカ人はもともと家具や荷物をたくさん持つ傾向にあります。また、体が大きいためどうしても家具や家電のサイズも大きくなるため、広い部屋が必要となるのです。

 

基本的に住まいはアメリカンな雰囲気であり、日本的な要素はほとんどありません。そのため、畳の部屋があることは滅多にないと考えましょう。キッチンには外国製のオーブンがついた設備が整っていることが多いです。大型のケーキやターキーを自宅で作る人が多いため、アメリカ製のキッチンコンロのある物件がたくさんあります。

 

お風呂は設置されていないことがあり、シャワールームのみの物件は多いです。トイレとお風呂が同じ部屋に設置されていることもよくあります。

 

北谷で生活する外国人は、こういった環境が整っている賃貸物件で暮らしているのです。

 

5.まとめ

北谷には外国人向けの賃貸物件が多くあり、それらは外人住宅と呼ばれていてアメリカ的なデザインが施されています。北谷にはアメリカナイズされた賃貸物件が多いのです。