沖縄不動産情報

北中城で外人はどんな住宅で生活しているの?住まいの特徴を紹介します!

沖縄の不動産は投資しやすいか?

沖縄にある風光明媚でのんびりとした時間が流れているエリアが北中城です。そんな北中城には米軍基地関係者の住宅がたくさんあります。北中城で生活する外人が一体どういった住宅で暮らしているのか紹介しましょう。

1.北中城には米軍基地がある

沖縄で競売物件を見つける

北中城は米軍施設があるのが特徴です。キャンプ瑞慶覧という施設があり、広大な面積に位置しており、海兵隊の中枢機能を担っています。そのため、北中城には多くの米軍関係者が生活しているのです。米軍施設の近くに住居を構えることによって、毎日すぐに施設へ向かうことができます。このような歴史があるため、北中城には外人が住んできた住宅がたくさん集まっているのです。それらは外人住宅と呼ばれていて、日本らしくない景観を形成しています。

 

2.外人住宅は白くて四角い箱のような形をしている

基本的に外人住宅の壁は白色に統一されています。その上にはフラットな形の屋根が乗っていて、まるで四角い箱が地面に置かれているような見た目です。とてもシンプルな外観が特徴的であり、欧米によくあるタイプの住まいといえます。いかにも人工的な存在感を放っていて、それが周囲の自然の中でひときわ目立つ存在となっているのです。

 

3.コンパクトで機能的な住まい

外人住宅はコンパクトに各部屋がまとまっているのが特徴的であり、機能性を重視しています。外観だけではなく間取りもすべて箱型になっていて、それぞれの部屋は四角い形をしていて、各部屋の機能は明確に分かれているのが特徴です。よくあるタイプは3ベッドルームタイプであり、これは3つの寝室が設置されていて、さらに家事室や台所など水回りの部屋が充実しています。家事や寝室のためのスペースは家族団らんのスペースとは明確に分けて設置されているのが特徴です。

 

また、日本の住まいによくある神棚のようなものはありません。アメリカ人というのは自宅で宗教的な儀式をするという習慣が基本的にはないため、住まいには信仰のための部屋はないです。北中城には教会があるため、祈りを捧げるときには教会へ足を運ぶのが一般的といえます。

 

4.外人住宅は過ごしやすいのか?

外人住宅は外国人が母国で過ごしていたような家をそのまま沖縄でも再現したものです。そのため、沖縄の気候に必ずしも適しているわけではありません。基本的にコンクリート造りであり、夏は暑くて冬は寒くなりやすいのが特徴です。風通しは悪く、通気性が低いため湿度が溜まりやすくなっています。ただし、窓を開放すれば、海がすぐ近くにあるため風がよく通り湿度を除去することは可能です。また、沖縄には台風が多いのですが、外人住宅はコンクリート造りであり、瓦は使われておらず頑丈であり、強い風が吹いてもしっかりと耐えます。

 

5.外人住宅を改装したお店がたくさんある

北中城にある外人住宅は中古で売り出されることがあります。それを購入してカフェやレストランなどを営業するお店は多いです。外人住宅カフェや外人住宅レストランとして営業していて、北中城の観光名所として賑わっています。地元の人だけではなく観光客も訪れていて、外人住宅のときの雰囲気が色濃く残っているのが特徴です。外人住宅は広々とした空間が特徴的なため、お店として改装した際には個性豊かなインテリアを設置していることが多く楽しめます。

 

実際に北中城で外人が暮らしている家を見学することは難しいですが、外人住宅を改装したお店を訪れれば、この土地で外人がどういった住まいで生活をしているのか雰囲気を知ることはできるでしょう。

 

6.まとめ

北中城にはたくさんの外人が暮らしてきた歴史があり、特徴的な住宅が今でも残っています。日本の住まいとは異なる特徴があり、今では中古物件がお店に改装されて利用されるケースもあるのです。北中城に行けば多数の外人住宅を目のあたりにできるでしょう。