不動産

ローン特約とは?

ローン特約とは?

不動産の購入を考えなければ、ローン特約という言葉を聞く機会はなく、ほとんどの方が初めて聞いた言葉なのではないでしょうか?
住宅ローンを利用して不動産を購入しようとする場合、非常に重要になり、知らないと多額の違約金を請求され可能性があります。
今回は、そんな初めて聞く方、これから利用する予定がある方のためにローン特約をご紹介させていただきます。

【ローン特約は何のためにあるの?】

ローン特約は、不動産をローンを組んで購入する人を保護するためにつける契約書上の特約です。
ローンを組む人にとって、どんなに購入したくてもローンの審査の承認を受けられなければ、購入することができません。
ほとんどの場合、売買契約を交わす前にローンの事前審査を行い、返済比率や個人の信用情報を確認します。
その後、稀にですがローンの本申込をした際に、承認が受けられない場合があります。
購入者からすると事前審査が通っていたからこそ契約をしたにもかかわらず、本申込で非承認を受けると融資が受けられないため、売買代金を支払うことができず、違約金の支払いが必要になります。
このように、事前審査が通っていたにも関わらず、自分のせいではない原因でローンの融資が通らなかった場合にローン特約は適用することができ、売買契約を白紙解除することができます。つまり、契約自体をなかったことにできるため、違約金などの負担がありません。
※地域や売主によっては事前審査を通していない状態で売買契約を交わすケースもあるです。

【ローン特約が使えない場合もあるため注意が必要】

ローン特約とは?

購入者を保護するためのローン特約ですが、いくつか注意事項があります。
①個人の信用情報が変わる場合は適用されない
②解除可能な期日が決められており、期日を過ぎると適用されない
①のケースですが、事前審査を通過した後に新たな借入を行なったり、支払いの遅延があった場合適用されません。たまに審査通過後に売買契約の手付金を準備するために借入をする方がいます。本申込の審査が通らず、借入したことが発覚した場合(ほぼバレます)はローン特約が適用されません。
②のケースのように、契約した後に審査を行わず引渡し日直前でローン特約による解除となると売主さん側に非常に大きな迷惑と損害をかけます。そのため、契約から一定期間で期日を定め、その日までに審査を通し、非承認だった場合は白紙解除する旨を伝え、解除のための書類を交わす必要があります。
ただ、実務上は融資の承認が得られる可能性が高い場合は期日を過ぎても期間延長の覚書を交わし、期日を延ばすケースがほとんどです。ただ、売主さん次第にはなりますので、仮に非承認を受けた場合は違約金の支払いが必要になります。

まとめ

ローン特約についての理解を深めることはできましたでしょうか?
適切な手続きさえ踏めば、購入した人を保護してくれる条項です。ぜひ十分に理解して、不動産屋さんと正しく手続きを進めて、理想のお家の購入を目指してください。