不動産

ランニングコストとは?

不動産 ランニングコストとは?

ランニングコストとは定期的に必要になる費用のことです。
不動産の分野においてもランニングコストは建物の維持費や管理費、税金該当があり、賃貸であればさらに物件を使用するにも費用がかかります。
ランニングコストを支払うことができなければその不動産を維持することができませんので、ランニングコストを意識した不動産選びが重要になります。

■賃貸分野のランニングコスト

不動産 ランニングコストとは?
賃貸でのランニングコストで最も大きなウエイトを占めるのは家賃です。
毎月の支払いである家賃は、付随する管理費と共に定期的に問題なく支払うことができるかどうかが重要になります。
その他物件によってはインターネット費などが発生するものもありますので、総額でいくらの支払になるかを把握してから決める必要があります。

■住宅購入でのランニングコスト

住宅は購入した場合でも多くのランニングコストが発生します。
マンションの場合は建物の管理費や、建物のメンテナンスのために積み立てていく修繕積立金が主なものとなります。
固定資産税や都市計画税も毎年発生するものですのでランニングコストと言え、把握していないと毎年の支払いで苦しむことになります。
住宅購入の場合は販売価格にばかり気が向きやすく、ローンの支払いが毎月の費用だと思ってしまいがちですがランニングコストを含めて支払に支障がないかを判断することが必須です。

■不動産投資におけるランニングコストの重要性

不動産投資で利益を上げることができるどうかはランニングコストとの関係によります。
主に発生する項目は住宅購入と同じものがありますが、投資となるとその他に管理のための費用がかかります。
個人で投資をする場合は建物の管理維持を賃貸管理を取り扱う不動産会社に委託することになりますので、当然管理委託料が発生します。
物件は保有しているだけで管理費等が発生し、管理委託料も継続されますので保有しているだけでもランニングコストを支払続けることとなり、収入を得ることができなければコストだけが発生して赤字の運用になります。
賃貸によって家賃収入を得ることに成功した場合は所得税も納めなければなりません。
それらを総合して収支が見合うかどうかで投資に値するか否かを判断しなければなりませんので、建物の購入費用と推定賃料だけで利回りを計算してしまうことは失敗に繋がります。

■ランニングコストがより重要になる

ランニングコストは常に必要となる費用ですので、支払えなくなった場合はもうその不動産を維持しておくことはできません。
継続的に利用していくことを意識してランニングコストに比重を置いた検討が必要です。
特に購入の場合は購入費用で考えてしまいやすくなり、ランニングコストを忘れがちですが支払に終わりがないランニングコストはより重要な項目です。”