不動産

フラット35とは?

フラット35とは?

フラット35は住宅金融支援機構が販売する長期の全期間固定金利型住宅ローンです。「フラット」は金利が固定であること、「35」は最長35年借りることができることを表しています。変動金利型とは異なり、返済期間中も金利が変わりませんので、金利変動のリスクを気にせず、返済することができます。また全期間固定金利型の割には金利が低めに設定されており、団体信用生命保険の加入が任意となっていることも特徴です。

フラット35とは?

フラット35の特徴

実際に申し込む際には取扱金融機関が窓口となります。住宅ローンの金利は、住宅金融支援機構が毎月決定する金利の範囲内で、各金融機関が決めています。金利の範囲は、たとえば年1.110%~年1.870%のように金利差がありますが、ほとんどの金融機関では最低金利を適用しています。フラット35は保証料が無料ですが、各金融機関が定める事務手数料がかかります。金利や保証料では差が出にくいですが、この事務手数料によって金融機関の違いが出ます。そのため、各金融機関で同じ「フラット35」を取り扱っていますが、よく調べなければ、諸費用などで差が出る点は分かりにくいかもしれません。

金利は一定の範囲内で金融機関が決めますが、融資条件によっても金利が変わります。フラット20(返済期間20年以下)やフラット35S(性能が優れている一定の住宅向け)であれば、さらに金利が引き下げられます。そのほか、フラット35(リフォーム一体型)、フラット35リノベ、フラット50など様々な商品が販売されています。要件を満たせば、中古住宅や住宅ローンの借り換えにも対応しています。

融資条件は、年収400万円未満なら総返済率30%以下、年収400万円以上は35%以下でなければなりません。たとえば年収400万円の人であれば、年間の返済額が140万円(400万円 × 35%)以下になる必要があります。この年間返済額には自動車ローンやカードローンなども含まれますので、他にローンがある人は注意が必要です。また民間金融機関での融資条件には、勤続年数、団信の加入が必要(健康面)、雇用形態(社員やパート、自営業など)など「人物」基準がありますが、フラット35は収入基準(総返済率や安定した収入があること)ぐらいで、どちらかと言えば、建物性能の基準が厳しく、一定以上の性能を持つ住宅が対象となります。

まとめ

多くの金融機関が取り扱うフラット35は「買取型」と呼ばれているタイプですが、なかには「保証型」を取り扱う金融機関もあります。「買取型」は住宅ローン債権を住宅金融支援機構が販売した金融機関から買い取りますが、「保証型」は住宅金融支援機構が保証機関となる住宅ローンです。保証型も「フラット35(保証型)」と表記されますが、フラット35(保証型)は金融機関が金利を自由に決めることができますので、商品性は全く異なります。”