不動産

イニシャルコストとは?

イニシャルコストとは?

①イニシャルコストの意味

イニシャルコストは日本語で「初期費用」とも言い、不動産用語としては主に建物の建築費や土地の購入費用などの事を指します。
ちなみに、これに対して建物や土地の維持費の事は「ランニングコスト」と呼ばれます。
不動産購入時にかかるイニシャルコストは、土地建物代以外にも不動産会社に払う仲介手数料や申請手続きの事務手数料、税金なども含まれるため、購入する不動産物件の金額より実際に支払う額に大きな差が出る場合が多いです。

②具体的なイニシャルコスト~仲介手数料~

イニシャルコストとは?
中古の不動産を購入する際には不動産会社を通す場合がほとんどなので、その場合は不動産会社に仲介手数料を支払わなければいけません。
基本的には「不動産の税込価格が200万円以下の場合は不動産価格の5%まで」、「200万円を超える場合で400万円以下の場合は4%+2万円まで」、「400万円を超える場合は3%+6万円まで」が上限額です。
あくまでも上限なのでもっと安く物件を紹介してくれる不動産屋さんもあるため、この辺りが不動産購入のイニシャルコストを抑えるために必要な工夫の一つとなります。
なお、建売・売建住宅のような新築物件の購入の場合は、不動産会社が販売する側なので仲介をする必要も無く、仲介手数料も発生しません。

③具体的なイニシャルコスト~ローン・保険~

不動産購入の際に住宅ローンなどを借りる場合には、金融機関に支払う融資手数料や保証会社に払う保証料、火災保険料や地震保険料なども支払わなければいけません。
融資手数料はおよそ3万~5万円くらいが相場で、火災保険料は15~40万円程度、地震保険料は1,000万円の保険金額の場合で1~3万円くらいが平均額で、保証料については借入金額によって変動するため人によってまちまちです。
この他にも、ローンを不動産会社に紹介してもらった場合はその紹介手数料なども掛かりますが、自分でやれば費用はかかりません。
火災保険なども掛け金を安く抑える事が可能なので、この辺りはイニシャルコストを削減できるポイントになっています。

④具体的なイニシャルコスト~その他手数料など~

この他にも、必要な登録手続きや書類作りを行ってもらうための「司法書士報酬」に10万円前後、「不動産取得税」に固定資産評価額の4%の金額、「固定資産税・都市計画税」として固定資産評価額の1.4%相当額の費用がかかります。
この辺はどんな住宅(不動産)を購入しても変動が無い部分なので、購入前から大体アタリを付けておく事も可能です。

⑤結局イニシャルコストはいくらかかるの?

不動産物件の価格によってかかってきる%が違う費用もあるため一概には言えませんが、もし3000万円の物件を購入する場合だとおよそ200~300万円程度の費用が必要です。
そのため、この場合はイニシャルコストに計3200万~3300万円程度かかる事になります。
もちろん、ローンを借りるなら一括で支払う必要は無いお金ですが、不動産を購入するにはこれだけの費用がかかるものだという事はしっかり覚えておきましょう。
ローンで借りる金額が少なければそれだけ後で払う利息も少なくなりますし、仲介手数料の安い不動産会社を選んだり、加入する保険内容を吟味する事でイニシャルコストを抑える事もできるので、住宅などを購入する際には事前にしっかり計画するのがオススメです。