沖縄の不動産物件が多数見られる3つのエリア

沖縄の不動産エリア

不動産物件と地域性とは、関連性が非常に大きい特徴があります。特定の地域には物件の数が多く、別の地域にはちょっと少なめというケースがあるのです。

では沖縄の不動産物件は、どのような地域に多いのでしょうか。

那覇市

まず県庁所在地である那覇市です。そのエリアは、特に賃貸物件の数が非常に多いですね。ある検索サイトには、那覇市にある賃貸物件が1,300件前後掲載されている状況です。他のエリアに比べると、圧倒的に多い数なのです。他のエリアの場合は、ゼロ件というところもありますね。
また沖縄市もかなり数が多く、700件前後という状況です。やはり交通の利便性などが、その理由だと思います。

宜野湾市

それと宜野湾市もかなり物件の数が多めで、トータル400件前後という状況です。
逆に他のエリアの場合は、やや物件が少なめです。沖縄には郡部がありますが、上記の検索サイトにおける掲載件数は100件以下という所が多いです。中にはゼロ件の郡も有ります。

 

沖縄市

ですので沖縄の不動産物件は、主に那覇市と沖縄市と宜野湾市に多いと言えるでしょう。ちなみにその3つのエリアなのですが、沖縄の中でも人気の場所だそうです。その3つのエリアは、あるランキングで常に上位を誇っているそうなのです。

考えてみるとその3つのエリアには、確かモノレール線も走っていますね。交通の利便性などは、かなり良い地域なのだと思います。交通アクセスや買い物しやすさなどが理由で、その地域にある物件は住み心地も良いのかなと推理する次第です。