質問箱

物件の空室率

先日、ある方から沖縄の不動産物件の空室率に関してご質問を頂きました。

沖縄の不動産物件には、空室率に特徴があります。結論から申し上げれば、その地域にある不動産物件は空室率が非常に低いです。全国の中でも最も低い数字を誇っているのです。

不動産の空室率が低いエリアといえば、東京地域は有名ですね。東京は全国の中でも1、2を争うほど、空室率が低いエリアなのです。最新データによると、東京地域は14%台という状況だそうです。ちなみにそのすぐ隣にある神奈川県も空室率が比較的低めで、16%台という状況ですね。

空室率の低い沖縄の物件

ところが沖縄地域の場合は、空室率はそれよりももっと低いのです。これも最新データによると、11%台という状況ですね。全国の他のどのエリアを探しても、11%台という空室率の地域はほぼありません。
空室率が低いという事は、その地域の物件は大人気という事ではないでしょうか。そもそも人気がなければ、部屋が埋まることもないと思います。現実として上記のような空室率になっている訳ですから、やはり多くの方々がその地にある物件に魅力を感じているのでしょう。

投資目的の人にメリット

また空室率の低さは、不動産投資をする方々にとってもメリットが大きいですね。そもそも不動産というのは、たまに家賃収入が目的になっている場合があるのです。投資のためには、空室率が低い方が収益率も高くなるケースが多いのです。ですので沖縄の不動産物件は、投資目的としても大いにメリットがあると思います。
このように「空室率が低い」という点は、沖縄の不動産物件の特徴と言えるでしょう。

ご質問等御座いましたら、お気軽にコンタクトをしてください。