ご相談コーナー

沖縄の魅力

日本全国でいつかは暮らしてみたいなという土地はありますか?大自然に広大の大地が続く北海道、一年中暖かく綺麗な花が咲き乱れる沖縄、食べ物が美味しそうな大阪など惹かれる土地はたくさんあります。

やっぱり、多くの人が一度は訪れてみたい、住んでみたいとおもうのは南国沖縄ではないでしょうか?綺麗な海に、ハイビスカスの咲く光景を目にしたら、やはり住んでみたいなと思いますよね。沖縄に観光に訪れて、沖縄の自然や人柄に魅了されて永住を決める人も多いそうですよ。それだけ、魅力溢れる土地、憧れの土地ということですね。
沖縄出身の友人に聞くと、誰かと待ち合わせするときも特に時間は決めずに「昼ごろ」「夕方」など、アバウトな約束で済むそうです。
都会人には、考えられないほどに、暮らしている人はゆったりしていて、時間の流れがゆっくりなんでしょね。

沖縄不動産の相場

では、そんな沖縄に住むには、まず家が必要です。どのぐらいの価格で沖縄の不動産を手に入れることが出来るのでしょうか?沖縄なら土地が安いのかなと思いますが、県庁所在地の那覇市ですと新築行一戸建てを購入しようとすると4000万〜5000万ぐらいはするようです。
想像よりも結構高いですよね。那覇市の中古でもそれなりの値段がするようです。でも、首都圏に比べると、住宅自体はゆったりと広いのでとても安いと思います。ちなみに、賃貸ですと6万円代で2LDKの部屋を借りることが出来ます。首都圏では信じられない値段ですよね。那覇市でこの値段ですので、那覇市以外ならばもっと安く購入出来るようです。

沖縄の不動産に関して、ご相談をされた場合はご遠慮なくご連絡を下さい。

温暖地域での家のお手入れ方法

気温の高い地域での家のお手入れの仕方について、普段から悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。海の見える家や、温暖な地域、あるいは気温が高い地域の家というのは憧れるものですが、その住宅のケアやお手入れが必須であると言えるます。

それでなくても、最近では、高温多湿となっていて、日本の夏は、大変な暑さとなります。
さらに、気温の高い地域になると、その湿気というのは大変なものであると言えるでしょう。

木造、そしてコンクリートの建物であったとしても、風通し、そして換気などの対策をしっかりとしなければいけません。
特に、最近の家は、高断熱、そして高気密となっています。このため、24時間換気も普通であると言えるでしょう。

しかし、気温の高い地域では、換気にも気をつけなければなりません。
特に、コンクリート系の家の場合、水分が2~3年で建築後に抜けてしまいます。このため、強制的に換気を行わなければならないと言えます。

フローリング選びもポイント

さらに、気温の高い地域では、湿気が多いため、結露やカビなどが生じやすく、フローリングがべたべたしがちとなります。
このため、フローリングが傷みやすいので、湿気対策をする必要があると言えるでしょう。

なるべく傷が付きにくい、痛みにくいフローリングの素材を選ぶ必要があると言えます。
さらに、フローリングを小まめにケアをしていくことが必要であります。
また、気温の高い地域では、畳なども痛みやすくなっています。

畳のお掃除はマメにやって、掃除機のノズルなどがついているものを畳に隙間なく、密着させていき、畳の目に沿ってかけていくことが必要です。

カビ対策やペンキの塗り直しもこまめに

畳の縁に付いた汚れなども、まめに落とす必要があります。それでも、暑い地域の場合には、カビが映えて気安くなってきてしまいます。特に、新しい畳の場合には、呼吸性が強いという特徴があります。このため、空気がこもりやすく、座敷の隅にカビが生えてしまうことがあります。普段からのお手入れは、掃除機でしっかりと吸い取る、もしくはアルコールなどを浸した布などで、拭いて、通風をよくするようにしましょう。

また、気温が高い地域は外壁などもダメージを受けやすくなります。特に、湿気が多いため、ペンキなどが禿げてきやすく、ペンキ塗りをまめに行う必要があります。

特に5月は涼しくてケアをしやすい季節でもありますので、外壁にペンキ塗りをして、ダメージから保護することが必要であるのです。

このように温暖地域での家のお手入れには気を使う必要もあるのです。