知っておこう!沖縄の一戸建ての値段平均相場は?

一生に一度の買い物、夢のマイホームを持つ為に大きな壁となるのがお金の問題です。

建てを持つとなると、それ相のお金が必要になってきます。

その段の相場は、地域によって違いがあるものですが、沖の場合はどうなっているのでしょうか。

現在沖に住んでいる方も、これから移住を考えている人も沖の一建ての段平均相場は?とになるでしょう。

建てを購入する前に、その相場について知っておく事をオススメします。

現金で支うにしても、ローンを組むにしても一建てが欲しいなら、まず沖の一建ての相場を知っておく事がスタートです。

の一建てといっても、新築と中古があります。

それぞれ別々にその段について見ていきましょう。

まず沖の新築一建てのケースです。

新築の場合だと注文住宅と建て売りの2種類があります。

注文住宅の方が段が高いというイメージがありますが、実際はどうなっているのでしょう。

の一建てでは、のべ床面積は3040坪のお家が一般的となっています。

この大きさの新築一建てを建てるとなると、その段は大体30004000万円が平均的な段です。

これは、実は全国の中ではやや高めの段となっているのです。

次に沖の新築一建てでも、建て売りの場合はどうでしょう。

建て売りとは、住宅会社が設計した建築住みの一建て不動の事になります。

注文住宅よりも自由度が低いために段は安く住むのが一般的ですが、沖の建て売り新築一建ての場合は段の平均は3500万円前後となります。

2500万円以下で購入可能な新築の建て売りの一建ては、決して多くありません。

注文住宅の方が、逆に段を抑えられる場合もあるんですね。

最近では、新築ではなく中古の一建て物件を購入して、リフォームをして暮らすという選をするケースもえてきました。

の中古一建てを購入する場合、その段平均相場は2000万円前後となります。

ただ中古といっても、築年や地域によっても異なり、交通の便があまり良くない一建てで築年も古くなると1000万円程度が平均的な相場となるでしょう。

中古住宅は、築の場合はそこまでお得感はありませんが築20年を目安に大きく段が下がるものです。

の中古一建てでも、築年20年以上のものは建物にもよりますが段は下がっていきます。

このように沖の一建ては、新築の注文住宅で30004000万円、新築の建て売りで3500万円、中古一軒家で2000万円が段平均相場と見積もる事が出ます。

ただ沖の一建ての段は、かなり地域によって差がある事をえておきましょう。

例えば、建て売りの場合、沖の中心である那覇では新築だと平均相場は4000万円と跳ね上がります。

逆に他の地域になると同じ条件の住宅で25003000万円で十分に購入が可能になるのです。

そのため、沖で一建てが欲しいのなら、まずは地域を絞って相場を知る事が大切ですね。