沖縄の賃貸賃料の平均相場は?

に移住を考えているという方、また沖で一人暮らしをしたいという方や沖に短期間在を考えているという方も居ます。

しかし、本土と沖の事情は大きく異なるため、沖で一人暮らしをする際に、賃貸にいくらぐらいお金がかかるのかということが分からない方も多いといえるでしょう。

そこで、沖の賃貸賃料の平均相場は?どの程度なのでしょうか。

まず、沖の賃貸の賃料ですが、そのエリアによってわってくるといえるでしょう。

と言っても範が広くなりますが、平均の賃貸の賃料は、大体4.92万円~5.70万円ほどの賃料が平均であるといえるでしょう。

の中でも、中頭郡谷村、うるま市、国頭郡恩納村といった、少しモノレール沿いから外れた郊外のエリアは、賃貸の格もそれだけ安くなっている傾向にあります。

しかし、浦添市や、那覇市などは、市の中心でもありますので、5万円程度の格の賃貸の格になっています。

このように、沖の賃貸の賃料ですが、東京都と比較すれば、家賃などは安くむといえるでしょう。

しかし、実は沖は全国の地ランキングでは、4位というランキングになっていて、意外と土地自体は高くなっています。

は所得自体は低いのですが、その土地格自体はこれと比較して、高い方であるといえるでしょう。

賃貸の物件を選ぶ際ですが、たとえば那覇市などの中心部に住みたい方はとても多いです。那覇市は、沖の中でも中心地であり、モノレールが走っていて、オフィスなどもあります。仕事を見つけながら働きたいという場合には、利便性の良い場所であるといえるでしょう。

那覇市の場合には、モノレール駅が近いとそれだけ物件の格は高くなりますし、遠くなると、それだけ家賃は高くなります。これは本土と同じであり、モノレールの近い駅近物件ほど、価値が上がる傾向にあります。

また、北谷町なども、娯楽や店の施設が多く、人のエリアです。こちらのエリアも、物件自体が少ないため、格が上がる傾向にあります。

このように、沖の中でも、比較的栄えているエリアなどは、賃貸の賃料もそれだけ高くなるといえるでしょう。

段もほかと比較すると高い物件が多くなりますので、慎重に選ぶ必要があります。

また、沖の賃貸物件の中でも海の見える物件を希望する方はとても多いです。しかし、海が見える沖の賃貸物件は、それだけ家賃が高くなる傾向にあります。

大体、沖の平均家賃相場よりも+1.5万円程度の賃貸格であると考えとくと良いでしょう。

海の見える沖の物件は非常に人が高いため、段もそれだけ高くなります。しかし、遠くの方に海が見えるという場合には、それほど金額がわらないので、海を眺めたいのであれば、遠くに見える物件から選ぶこともおすすめの方法です。

で賃貸物件を借りる場合、このように、平均相場を知っておくことで、それを目安に、物件を探すことが出ますので、おすすめです。