沖縄の中古マンションの平均相場は?

にいつかセミリタイアして住みたいとか、沖にいつでもステイできるように、セカンドハウスとして家を持ちたいという方、特に、中古マンションを選ぶ方が多いですよね。

その際に、の中古マンションの平均相場は?と、考えるでしょう。

では、ここでは、沖の人別の中古マンションも平均相場を見ていきましょう。

1.やはりアクセス便利で住みやすい!県所在地の那覇の中古マンションの平均相場は?

空港もあって、結局色々なものが周りにあるので住みやすい、那覇市は人のスポットです。

ですが、これは沖県民にも住みやすいということから人のスポットですから、比較的、他の地域よりも中古マンションの平均相場は上がります。

ズバリその相場ですが、大体2000万円前後となっています。

この場合の部屋の大きさですが、65平米ほど(20坪程度)で、築年はちょっと古めと感じる方も多いかもしれませんが、1520年です。

ですが、日本の建物は丈夫に作られていて、使い方もきれいなので、字よりも、見た目の中古感は薄いです。

また、最近那覇にはモノレールが走って、主要な場所には車を使わずにも行けるようになりました。

そんな最寄り駅も、この段を出せば、大体徒10で利用できるという便利さもあります。

2.那覇のお隣もやっぱり公害として大人!浦添市の中古マンションの平均相場は?

東京の場合で考えると、都に家を購入するのは高いので、その隣の県である神奈川県や埼玉県などに家を買うという人が多いです。

県の場合で言えば、浦添市というのがこの場合の神奈川や埼玉のケースにあたります。

ということで、中古マンションの段も若干下がりますし、部屋の大きさもやや広くなります。

平均相場は、1900万円前後となっており、その際の部屋の大きさは、大体2122坪で、71,2平米です。

さらに、築年も若干下がって10~15年ほどのものとなっていますので、広くてちょっと大きくて、安い中古マンションを購入できます。

車があれば、那覇市にもすぐ行けるので、アクセス的にも全く問題ないでしょう。

3.もうちょっと離れて北部にも行きやすくなる宜野市の中古マンションの平均相場は?

浦添市の上にある宜野市も人の場所で、ここは、意外と那覇よりも段が高めです。

70平米、20坪ちょっとの中古マンションで、築年は若くて5~10年のものの平均格が2500万円前後となっています。

がなければ那覇市にもすぐに逝ける距離で、新しい中古マンションが購入できるというのがメリットなります。

の人エリアの中古マンションの平均相場は上記のような段になっています。

ただし、これはあくまでも平均相場ですので、これよりも安いものもあれば、高いものもありますので、あなたのニーズに合わせた部屋の大きさや築年を考え、それに合わせた物件を見つけると良いでしょう。