沖縄の不動産は都内と比べると家賃がお手頃?

平均年が全国47位と低い沖、そのため年と比例して家賃も全国的に低いと思われがちです。逆に東京都は、家賃が高いというイメージが強いものですね。

実際沖は都と比べると家賃がお手頃?なのかどうか見ていきましょう。

といっても、地域によって不動の家賃相場は大きく異なります。

の中で一番家賃相場が高くなっているのは、やはり那覇市です。

那覇市に比べると、沖市では家賃相場が1万円程度安くなっています。

更に場所によっては、沖市の家賃相場よりももっと安くなるものです。

の中で一番の都会である那覇市の不動の家賃相場は1LDKで約6万円、3LDK885千円程度となっています。

また沖市の場合で、1LDKで相場は約5万円、3LDKで約6万円です。

全体の家賃相場としては那覇市が約55千円、沖市が5万円をきっています。

この字だけを見ると、沖のイメージよりも家賃が高いと思われる方が多いのではないでしょうか?

実際に沖の家賃相場は、全国で中の上程度に位置するのです。

そのため、他の県と比較するとそう飛びけて家賃が安いではありません。

しかし、東京の不動の家賃はというと、23では1LDKでも相場が12万円以上、3LDKとなるとなんと18万円を超えるのです。

全体でも都の家賃相場は約85千円となっているので、沖の家相場よりも3万円以上高いと言えるでしょう。

しかし、実際に同じ間取りで同じな築年の物件を借りる場合は、家賃の差は3万円でまりきるものではありません。

1LDKの物件を比べても、その家賃さは2倍以上だという事が分かるでしょう。

ですから、都と比べると家賃がお手頃?という問いにしては間違いなく家賃は安いと言する事が出ます。

同等の条件の不動を沖なら都の約半分で借りる事が出るとえておくと良いでしょう。

また、沖の場合、駐車場つきの不動が多くなっており、駐車場料金も家賃に含まれているところが少なくありません。

の場合は、家賃にプラスして駐車場料金にも月に万円が発生するケースが多いので、そういった部分を加味すると沖の家賃は都よりもっと安いと言えます。

もちろん、都の場合は交通の便が良く車を所有していない人も多いでしょう。

しかし、沖の場合は那覇市以外だと車は必須とも言える交通事情となっています。

ですから沖の不動を探す時には、駐車場があるかどうか、また駐車場の料金はどうなっているかも借り手としては重要なことなのです。

こうして見ると、沖の家賃は都と比べると安いことは歴然としているものの、全国的に見ると特にお手頃とは言えないことが分かりました。

スローライフを送るにはピッタリな沖、イメージ的には全国の中でも家賃相場は低そうに思えますがそうではないんですね。

と比べると家賃はお手頃ですが、それは沖の不動ではなく他の都道府県でも同じことでしょう。