沖縄の一ヶ月の電気代金はどのくらい?

の一ヶ月の電代金はどのくらい?なのかになるという方も多いのではないでしょうか。

の一ヶ月の電代金についてですが、総務省の統計局の家計調によると、2013年の、沖地方の電代の平均額として月額10,566円という統計が上がっています。

さらに沖地方の1年間における電代の推移をグラフで見てみると、夏場の沖の電代が最も高くなっているのにし、冬場は最も減少しています。

冬場の電代にし、沖の夏場の電代は、冬場の約2倍もの電代となっていることが分かります。

しかし、沖地方の電代に関して、全国平均と比較しても沖の電代の方がやや安くなっていることが分かります。

だの電代金の平均にして、全国平均は、月額10,668円という金額になっています。

地方では、夏場の電代に関しては、全国平均よりも高くなっていますが、冬場の電代が全国平均よりも安上がりになっていることから、総合的に全国平均よりも、電代が安くなっているのです。

つまり、沖の電代金は夏場の冷房費用によって大きくわるといえるでしょう。

他の地方に比べると、冬の電代金が非常に少なくむというのが沖地方の特なのですが、その分夏場の電代は高く付いてしまうというのが実際の所のようです。

夏の冷房を長い期間利用をしているという家庭は多く、このため、夏の電代が冬の2倍近くかかってしまうということになります。

しかし、沖は電代金が高いと、感じている方は沖の住民には多いようです。これはなぜかというと、電料金のプランの問題です。

離島である北海道と沖は、電料金が高く設定されていて、沖電力の料金の高さは、ランキングでも常に上位になっています。

の場合、北海道と同に、離島であるという事からも発電、送電の費用がかさんでしまうと言う事情があります。また沖には原子力発電所もないことから、これまでも本土よりも1~2割程度、電料金が高かったようです。

は、このように全国的にも電料金ランキングで上位に入っていることから、全国的にも電代金が高くなっているといえるでしょう。離島ではこのようにどうしても電代が高くなってしまいますので、電代を下げたいと思った場合には、自分たちで節電をするなどの工夫が必要になってきます。

しかし、沖にいると、冬場には電代がかかりません。沖は冬場も暖かいことから、暖房器具が一切いらないと言うことも珍しくありません。

家庭によっては、暖房器具をほとんど使わないところもあり、電代が1ヶ月3千円程度でまっているという家庭もあるようです。

また、沖の夏は暑いですが、東京よりは沖の方が風通しが良く、湿度が低いという特がありますので、電代がかかりやすい夏場に、扇風機などを上手く使い、過ごすことが出れば、電代を大きく節約して削減することが出るといえるでしょう。