お店を出店する場合の賃料はいくらくらい?

いざ、沖に住みたいと思っていても、それなりの入がないと暮らしていけないとか、これから沖で今までなかったようなお店を展開したいなんていう方など、色々なタイプの方がいますよね。

そこでになるのは、沖でお店を出店する場合の賃料です。

これは一体いくらくらいするのでしょうか、場所別にみていきましょう。

1.やっぱり1になるのは県所在地の那覇!

の中でも1番人口が多く、主要空港もあり、多くの光客がそこに在する那覇は、お店としては、入のメッカでもありますよね。

そんな那覇市でお店を出店する場合の賃料ですが、坪単価となると、20~50坪以下のお店であれば、大体8,500円程となります。

これだとかなり小さなショップになるので、安いのかと思う方も多いですが、実はこの段、そんなに人の大きさではないのでこの段です。

一番人50坪~200坪未のお店であれば、坪単価9,700円から11,000円程度と、それ以下の大きさの店よりも坪単価がアップします。

200坪以下となっても、最小の坪単価よりもやや高めで、8,500円前後となっています。

2.美ら海水族館を狙った出店!名護市の賃貸料は!?

美ら海水族館は名護市よりももうちょっと那覇市から離れた北部にあるのですが、名護に在する人も多いので、そういった人たちや地元の人を狙った出店を考える方もいるでしょう。

そこで、名護市のお店を出店する場合の賃料ですが、もちろん、那覇市よりは安くなります。

そもそも、那覇市から高速を使って1時間ほどかかる場所にあるので、沖本土の中でも、物は安めです。

1520坪程度の建ての物件であれば、1ヶ月の賃料は525万円前後になります。

この賃料の差は、名護市も広いので、中心地から郊外ということであっても、かなり賃料に差が出るのです。

50坪くらいになると、賃料は25万円程になりますし、那覇市と異なるのは、沖県民に欠かせない車を停めるスペースもこの賃料に含まれているということです。

3.リゾート地の恩納村はいくら?

よく初めて沖を訪れる方に利用される場所であり、リゾートを味わいたい方にもしまれる場所として選ばれるのが、恩納村です。

ホテルで何でもできるようにはなっていますが、そこから出て、ローカルな味を味わいたいという人も多いです。

そこで、恩納村で出店する場合の賃貸料ですが、場所柄、比較的高めです。

15~25坪程のお店であれば、平均で8,9万円前後ですが、車社会の沖、ホテルからいける範にあればあるほど、そして繁華街であればあるほど、この賃料はします。

また、この地域は、駐車場代が別途必要になります(1台あたり2000円前後から)ので、それも含めて賃貸料を考えておかなければいけません。

でも都市によって賃貸料は異なります。

これを参考にして、出店したい先を選んだり、どのくらいの店の大きさになれば採算が合うかなどを考えて店選びをしましょう。